新築戸建てで一番気にするのは玄関づくり【見た目も衛生面も大事】

こんにちは。戸建て経験者のHです。

今回は、新築戸建てづくりにおいて、「玄関」にスポットを当ててお伝えします。

みなさんの中には、「ぶっちゃけ、玄関よりリビングやキッチンをこだわりたい」と思っている方がいるのではないでしょうか。

しかし、玄関はいわゆる家の顔と言っても過言ではありません。

住んでいる人、訪れる人、みんながまずは玄関を通ります。

戸建ての第一印象は玄関で決まるのです。

この記事では、玄関を見た目と機能性、2つにわけて解説します。

これから戸建てを建てようと思っている方は、ぜひ参考にされてくださいね。

玄関は間取りの中で一番映えさせる

「玄関をテキトーにつくってはいけません」

これが、今回の記事で一番伝えたいことです。

玄関で一日過ごすことはないですが、一番最初に通る空間が玄関です。

玄関が映えると、毎日家に帰るとき、無意識にテンションが上がっているかもしれません。

戸建ての中で、玄関を癒しのスポットにすることをおすすめします。

くつろげる空間づくり

癒しのスポットにするためには、くつろげる空間とイコールにすることです。

私が考える、くつろげる空間とは、明るい場所です。

私が住んでいる戸建ての玄関では、陽の光を取り込めるように工夫しました。

そして、椅子を2脚ほど置けるように、広さにもこだわりました。

さすがに、玄関で1日過ごすことはありませんが、読書は玄関ですることがあります。 それだけ、玄関はくつろげる場所になるよう考えました。

玄関は機能性を高くしなくてはならない

次に、玄関を機能面からまとめていきます。

玄関は外から入ってくるものが、一番通る場所でもあります。

中にはウイルスなど、衛生的に好ましくないものも多く存在しますよね。

玄関の機能性を高くすることで、衛星面にも強い戸建てをつくることができます。

シューズラックは妥協しない

結構ありがちなのが、「シューズラックはテキトーでいい」という考えです。

いやいや、シューズラックも妥協しないでほしいです。

私はシューズラックを24時間で換気できるように、小さな換気扇をつけてもらいました。

少しこだわり過ぎたかもしれませんが、汗で汚れた靴を、そのままシューズラックに片付けたくないと思ったからです。

この方法で、我が家の玄関は快適な空間を保っています。

衛生面から見た玄関

現代では、新型コロナウイルスの影響で、衛星面への関心が高くなっています。

玄関は、色々なウイルスや塵などの侵入を防ぐ、フィルターの役割もあります。

そこで、玄関から入って横に曲がると、浴室につながる動線を考えました。

この動線は、住宅メーカーでも採用しているので、提案する価値ありですよ。

まとめ

今回は、玄関づくりについてまとめました。

戸建ての第一印象は玄関で決まるので、妥協せずつくることをおすすめします。

特にこのご時世ですから、衛生面に気をつけた玄関にしてはいかがでしょうか。

この記事が、みなさんの戸建てづくりに参考になれば幸いです。