新築戸建てにまつわるお金のはなし【計画性があれば割りと余裕です】

こんにちは。戸建て経験者のHです。

今回は、戸建てにまつわるお金の話を、経験を交えて解説します。

みなさんの中には、「戸建てを建てたいけど、頭金がない」

「どの項目にお金が必要か知りたい」といった方がいるのではないでしょうか。

そんな悩みに対して、ズバリ説明していきます。

先にこれだけは伝えておきます。

「頭金を住宅ローン借入金の2割は必要」というのは、まやかしです。 それでは、順番に解説していきますね。

建てる前に必要な費用

一般的に、戸建てを建てる前に必要な費用は、事務手続きに関するお金です。

  • 手付金
  • 仲介手数料
  • 不動産取得税
  • 印紙税
  • 登記費用

この中で、私が実際に現金で支払ったのは、手付金と登記費用ぐらいです。

ほとんどの事務費用を、住宅ローンに組み入れました。

実はこの方法は、あまりおすすめできません。

なぜなら、借入金の総額が増えると、返済期間が長くなり、利息が高くなるからです。

では、なぜそんなリスクを冒してまで、諸費用を住宅ローンに組み入れたのか解説します。

頭金が少ないなら郊外に建てよう

私の場合、頭金は借入金の1割程度しか貯めることができませんでした。

実際、これが現実的なのかもしれません。

では、頭金がない人は戸建てを建てることができないのか?

そんなことはありません。

結論は、郊外に建てることをおすすめします。

郊外であれば、土地が安いです。

そして、人口を呼び込むためにも、購入キャンペーンをしている場合があります。

車を持っており、移動範囲の許容内であれば、ぜひ郊外を検討してはどうでしょうか。

建てたあとに必要な費用

建てたあとの費用は、大きく挙げて3つあります。

  • 住宅ローン返済額
  • 固定資産税
  • 火災保険

私の場合は、住宅ローンを毎月7万弱払っています。

ボーナス払いはありません。

固定資産税が1年間で4回払うことになっており、1回あたり3万弱です。

これだけの支払いで、4LDKの庭付き戸建てを建てることができます。

やっかいなのは固定資産税

現在、戸建てに住んで8年ぐらいです。

正直、固定資産税の支払い月は「きつい」と感じます。

住宅ローンの返済と固定資産税の支払いで、10万程度になるからです。 私みたいに支払疲弊しないためにも、計画的に返済シミュレーションが必要ですよ。

計画性が大事

もう一つ、建てたあとに必要な費用は、修繕費です。

約10年周期で、外壁や屋根などの修繕が必要になると言われています。

ですが、そもそも頭金すら貯めれなかった私ですから、事前に修繕費の確保は難しいです。

そこで、10年しばりの投資信託をはじめています。

長期的な運用なのでリスクも低く、私にとっては無理なく資産形成ができています。

まとめ

今回は、戸建てにまつわるお金の話をしました。

ポイントは、建てる前と後の費用を計画的にシミュレーションしておくということです。住宅会社でも、ライフプランニングをしてくれる会社さんがありますので、ぜひ利用してみてください。

頭金を貯めていなくても、落ち込むことなく、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。